オートバイTPMS

オートバイTPMS W206

オートバイTPMS W206

すぐにタイヤの圧力と温度の状態を提供できます。 このリアルタイム情報は、タイヤの寿命を延ばし、燃料消費を減らし、より安全な走行状態を提供します。

もっと
プラグインタイプTPMS W417

プラグインタイプTPMS W417

プラグインタイプは、トヨタ、ホンダ、および日産向けに開発されており、ブランクスイッチスペースに100%適合することができます。 他の車のブランドは、空白のスイッチスペースがなくても、W417-Cを参照することができ、インストール用の穴を開けることもできます。 また、モデルNO。のSALモデルもあります W417-CA、W417-HA、およびW417-TAです。

もっと

CEおよびTS認定オートバイTPMS製造-ORO Tech

ORO Technology Co., Ltd.は、2008年以来、台湾に拠点を置くオートバイTPMSサプライヤーです。 プラグインタイプTPMS、ユニバーサルTPMS、リアミラーTPMS、オートバイTPMSを含むTPMS。

ISO / CE&USA FCC認定、ORO TechのDVRシステムは横浜で統合され、カーレースに参加し、米国で販売されています。OROTechのタイヤ空気圧監視システムは、電子システム市場の国際基準を満たすように設計されています。

ORO Techは、高度な技術と9年の経験の両方を備えた高品質のタイヤ空気圧監視システム(tpms)を顧客に提供してきました。OROTechは、各顧客の要求を確実に満たしています。

オートバイTPMS

W206

W206オートバイタイヤ空気圧監視システムは、燃料消費を削減し、より安全な走行状態を提供します。
W206オートバイタイヤ空気圧監視システムは、燃料消費を削減し、より安全な走行状態を提供します。

W206オートバイタイヤ空気圧監視システム(TPMS)は、タイヤの空気圧と温度の状態を即座に確認できます。 このリアルタイム情報は、タイヤの寿命を延ばし、燃料消費を減らし、より安全な走行状態を提供します。

W206タイヤ空気圧監視システムには、2つのタイヤセンサーと1つのレシーバーディスプレイが含まれています。 TPMSは、タイヤへの組み込みにより圧力/温度を監視し、タイヤ情報を無線で受信機に送信します。 TPMSディスプレイは、ライトを緑から赤に変更し、タイヤに圧力や温度の異常が発生したときにアラームを作動させて、ドライバー/車両に起こりうるあらゆる事故を防ぎます。

バルブサイズ

  • 12mm
  • 16mm
  • 20mm

送信機モジュールの仕様

  • 電源:3Vリチウム電池
  • 動作湿度:最大95%
  • 保管温度:-40°C〜125°C
  • 動作温度:-30°C〜115°C
  • 送信電力:最大72dBμv/ m
  • 送信周波数:433.92 MHz
  • 圧力監視範囲:0〜116 psi(または0〜800 kPaまたは0〜8 bar)
  • 圧力読み取り精度:±1 psi(または±7 kPa;±0.1 bar)
  • 温度監視範囲:-30°C〜115°C
  • 温度読み取り精度:±3°C
  • モジュール重量:11.8g±1g

受信モジュールの仕様

  • 電源:DC 9V〜16V
  • 動作湿度:最大95%
  • 動作電流:DC 12Vで≦200mA
  • 保管温度:-30°C〜85°C
  • 動作温度:-25°C〜85°C
  • 圧力表示範囲:0〜116 psi(または0〜800 kPaまたは0〜8 bar)
  • 温度表示範囲:-30°C〜115°C
ギャラリー
ファイルのダウンロード


プレスリリース